ブリーチとカラーの違いについて

髪の毛の色を変えようと思ったら、「ブリーチ」と「ヘアカラー」があります。

ブリーチというのは、髪の毛から色素を抜いてしまうこと。
日本人の髪の毛は黒いので、ブリーチすると、茶色系になります。
そのままでおしゃれとして楽しむ人もいますが、金髪などに染めたいときは、黒髪だときれいに色がでないので、一度ブリーチをして色を抜いてから、ヘアカラーしたりします。
色素と一緒に、髪に必要な栄養分まで抜けてしまうので、髪の毛はかなりいたんでしまいます。
が、ベースが白くなるので、明るい色はむらなくきれいな色に仕上がります。

ヘアカラーは、もともと色素のある髪に赤やピンクのカラー剤をのせて色を変えていきます。
その人の本来の髪の色により、同じ配合にしても仕上がりが違ってきたり、美容師の技術としては一番難しい技術です。

薬局などで売られている市販のヘアカラー剤は、ブリーチが含まれています。
セルフカラーを続けていると、髪が痛んでくるのは、このブリーチのせいでもあります。

美容院だと、その時の髪の毛の状態を見ながら、薬剤を配合していくので、髪の傷みも少なくきれいな染め上がりになるのですね。

染めずに済むのなら、染めないほうが髪の毛の健康のためにはいいですね!