普通の白髪染めとおしゃれ染めはどう違いますか?

普通のカラーリングだと、白髪は染まりません。

普通のカラーリングというのは、いわゆる「おしゃれ染め」のことですね。
おしゃれ染めは、髪の毛に色素がないとよく染まらないのです。

白髪染めは、

黒髪の色素を一旦全部髪の毛の外に出してしまい,髪の毛の色素があった場所に白髪染め剤の色素を入れて固まらせる

まったくアプローチ方法が違ってくるんですね。

だから、市販のヘアカラーだと白髪は少し茶色くなる程度しか染まらず、光があたると白く光る感じの仕上がりです。

また、ヘアカラーと、ヘアカラーマニュキュアというの別物です。

ヘアカラーは、キューティクルを開いて、色素を中に入れて色をつけますが、
ヘアーマニュキュアは、髪の表面に色をつけます。

なので、ヘアーマニュキュアだと、シャンプーの時に色が落ちていくのがわかります。
すすぎのお湯に色がついていますからね。
髪にやさしいのは、ヘアマニキュアですが、その分、ヘアカラーよりは色持ちが悪くなります。

白髪染めにもマニキュアタイプのものがあります。
髪に優しく扱いも楽なので、最近はこのマニキュアタイプの白髪染めを使う女性が増えてきているようです。

カラーリングは、美容師にとっても一番難しい施術になります。

髪の毛の健康を保ちたいのであれば、やはり美容院にお任せするのが一番ですね。